今回は日本橋の人気店・・・

2016-02-05-12-26-39

へ。
つけ麺「めん徳二代目つじ田」と天丼の人気店「金子半之助」のコラボにより出来た店らしい。
最近「ららぽーと立川」にも出店してるのね。

行ってみた・食べてみた

少しでも行列を回避すべく、11時開店の30分前の10時30分に店に到着。
・・・50人ぐらい並んでまんがなでんがな。。。

2016-02-05-11-02-13

とはいえ、この日は「つじ半」が目的の半分だったので、頑張って並ぶことに。

2016-02-05-11-25-05

ぜいたく丼。990円。
生ビールもあるらしいけど、この行列を見ると長居は申し訳なくて、なかなか頼めないな。。。

2016-02-05-11-25-13

ぜいたく丼には松竹梅ある模様。違いはイクラが乗ったりウニが乗ったりらしいが、
価格差ほど価値があるとは思えず(なんてね)梅に。

2016-02-05-11-09-20

訪問したのは寒い時期だったので、暖かいお茶も用意されてました。
とはいえ、40分ぐらい並ばないとお茶まで到達しませんでしたが。。。

2016-02-05-11-30-26

入り口そばには、こんな飾りも。
これがあるのとないのでは、雰囲気も違いますなぁ。

2016-02-05-12-08-37

さて、寒空の中、1時間しっかりと並んだ後入店。
店はカウンターのみ。カウンターの中ではおじさんが1人で切り盛りしています。
テーブルセットは通常の七味、黒七味、楊枝に・・・

2016-02-05-12-08-59

ガリ取り放題!!!
ガリはあんまり好きじゃ無いですが。www。
ゴマやら昆布やらが入っています。

2016-02-05-12-02-44

海鮮丼が到着する前にウンチクを読んでおきます。
今回、この通りに食してみました。

2016-02-05-12-02-38

まずは黄身醤油とやらが到着。
黄身とはありますが、黄身が入っているのかどうかよくわかりません。
待っている間、店の人が海鮮丼を作っているのを見ることが出来ます。
メインとなるネギトロ的な部分は、足元の冷蔵庫にダマになって予め用意されています。
梅の場合はそのダマをご飯の上に乗せて、ノリやらわさびやらを多少トッピングして提供。
竹や松は梅の内容に加え、さらにイクラやウニをトッピングするようです。

2016-02-05-12-02-11

程なくして、私の梅も提供。

2016-02-05-12-02-18

具の部分のアップ。

2016-02-05-12-02-29

別皿の刺身にはゴマダレがかかっています。

2016-02-05-12-06-16

まずは、どんぶり単品で食します。
所々に、イクラや数の子(ほとんど味付けなし。食感のために入れているかと思われます)が混ざっています。
ひと口たべて、素直に「美味しい」と思える味付け。


2016-02-05-12-05-41

別皿についても作る工程も見ていたのですが、捌く前の柵の状態を見たら、
「え?これが提供されるの?」と思うようなビジュアルでした。
決して上質なものではかったので、このような反応をしたのですが、
いざ食べてみると、良い意味で意外と普通。
低価格に抑えるために仕入る物を工夫しているのでしょうし、企業努力だと感じますが、
あえて、客の前で作る(見せる)必要は無いかな?と思いました。

2016-02-05-12-17-18

丼を完食後、〆に鯛だしがもらえます。
希望によりご飯を追加してもらえますので、お腹に余裕がある人はお願いするのが吉!

2016-02-05-12-17-33

スープは白濁しているので、しっかり沸騰させて乳化させているのだと思われます。

2016-02-05-12-18-07

少し残しておいた別皿の刺身も投入すると・・・

2016-02-05-12-19-26

刺身の表面に火が通り、中は半生の良い状態に。

2016-02-05-12-21-27

最後までしっかりと鯛だしをいただいてフィニッシュです。

感想

〆の鯛だしまで考えると、990円はお得です。
決して良い材料を使っているわけではありませんが、値段以上の価値はあるかと思います。
とはいえ、60分並ぶのは正直厳しいな。
挑戦する人は、並びが少ないようですので夜がおススメです。

つじ半海鮮丼 / 日本橋駅東京駅京橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5